中央検査科

中央検査科とは…

皆さまの血液・尿・便など、からだから採取したものを必要に応じて調べています。
ここで働いている職種は、臨床検査技師です。地域の皆様に対して、私たちができる事は何か、求められる検査は何かを考え、それを提供できる検査科、検査技師を目指しています。又、検査科内だけでなく病院内で活躍できる技師の育成や職員の働きやすい職場環境への取り組みを積極的に行っています。


主にどのような方の検査を行っていますか?

  • 検体検査系では、患者さんの血液や尿、喀痰、便など(検体と呼んででます)を調べています。
  • 貧血検査やコレステロール、血糖など体の状態を調べたり、細菌の感染が有るか無いかなども調べます。
  • 生理機能検査系では、患者さんに直接検査室に入っていただき、機械を使用しながら心電図、超音波検査、肺機能検査など行います。
  • 喀痰や、尿、体の様々な部位から採取した検体に悪い細胞が無いか調べる(細胞診)の検査
  • 内視鏡や手術検体の組織標本の作製

どのような特徴がありますか?

  • 院内で実施している検査は30分から1時間程度で結果を出し、診察に間に合うようにしています。

主な活動・取り組み

私たちの検査は医師の指示の元で行っており、検査技師だけの判断で行いません。しかし、採血や色々な検査を行う場合は病院を受診された方、検査を受けにこられた方の事を考えてより早く、より正確に行うよう心がけています。
新しい検査や、情報についても発信していきたいと考えています。

このページの先頭へ