臨床工学科


主に扱っている業務内容

  • ME機器保守管理
    臨床工学科が管理する機器は約800台、中央管理されている機器の貸出・返却管理から定期点検や修理・トラブル対応、保守契約機器の手続きから実施まで医療機器を効率よく安全に運用できるよう努めています。
  • 血液浄化関連
    透析室においてHDおよびHDF療法、定期的な透析液清浄化の管理を行っています。
    その他血液浄化療法としてCHDFや血漿交換・血漿吸着・血液吸着・白血球除去療法などさまざまな血液浄化を行っています。
  • 循環器関連
    血管造影室において心臓カテーテル検査およびPCIの補助、心臓ペースメーカの分野では埋込の立会いから外来のチェックに至るまで行っています。
    補助循環装置においてはPCPS・IABPの操作管理を行っています。
  • 呼吸器関連
    人工呼吸器の保守管理をはじめ、使用中の人工呼吸器管理や使用者への指導を行っています。
    呼吸ケアチームの一員として週1回の院内ラウンドを実施しています。
  • 高気圧酸素治療
    高気圧酸素治療装置を保有しており、高気圧酸素装置を操作し適応患者さんの治療を実施しています。

関連情報

採用に関して

各種募集要項はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ