薬剤部


当院薬剤部の業務内容

  • 調剤室:院外処方箋の鑑査、疑義照会。院内処方箋の調剤、服薬指導。入院処方箋の調剤。
  • 注射剤室:注射薬の個人セット払い出し、鑑査。外来・病棟の定数薬剤の補充。
  • 製剤室:院内製剤の調製。中心静脈栄養および癌化学療法抗がん剤の無菌調製。PCAの調製。
  • DI室:医薬品の情報収集・管理・提供。TDM。DIニュース、PMDA、DSUの院内広報。
  • 病棟業務:担当薬剤師による入院患者さんへの服薬指導及び薬学的管理。持参薬の管理。他職種と連携し、DM教室、NST、ICTなどのチーム医療。
  • 外来化学療法:外来通院治療センターでの抗がん剤の調製。

保険調剤薬局の皆様へ(残薬調整に関して)

保険薬局での残薬確認時の対応について

平素より院外処方箋を応需いただき、有難うございます。
平成30年度診療報酬改訂において、主治医の指示により残薬分を差し引いた減数調剤(薬剤服用歴の記録又は調剤録及び残薬の外形状態、保管状況その他の残薬の状況を確認した上で、処方箋に記載された医薬品の数量を減らして調剤する業務)が可能となりました。
そこで、当院では院外処方箋の備考欄に“残薬調整後の報告可”の記載がある場合は残薬調整に関する疑義照会は不要とします。(但し、処方日数または処方回数の短縮の場合に限る)

保険薬局で残薬調整した内容は当院薬剤部へ「残薬調整に関わる服薬情報提供書(トレーシングレポート)」に記載の上、FAXしてください。(FAX番号:0266-71-2051)
カルテ記載を行い、処方医へ情報提供を行います。

残薬調整に関わる服薬情報提供書(トレーシングレポート)

連絡先
諏訪中央病院 薬剤部
0266-72-1000(代表) 内線1512


関連情報

採用に関して

各種募集要項はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ