医学生・研修生・専攻医のみなさまへ

各種プログラムトップへ

初期研修プログラム   基幹型臨床研修病院

初期臨床研修プログラム[PDF]

プログラム責任者より

「八ヶ岳の裾野のように幅広い臨床力をもつ医師を育てる。」この理念を達成するため、患者さんの病の経過により添う機会を持ち、何をしなければならないかを考えることが大切です。救急で出会った患者さんの担当医となり、集中治療室や一般病棟で加療をし、回復期リハビリ病棟で回復過程の寄り添い、退院後は往診に同行し患者さんの日常生活に接する。このことが可能な環境の中で幅広い臨床力をもつ医師が育っていると思います。

研修委員長 蓑田正祐

研修医の声

諏訪中央病院の研修の大きな特徴を2点紹介します。1点目は担当となった入院患者さんは急変しICUに入ろうが、回復期病棟に入ろうが退院まで主治医として診療する点です。退院後の訪問診療まで希望することもできます。この一連の流れをしっかりと患者さんに寄り添い、経験できることは医師として大きな経験になるはずです。2点目は教育面で、屋根瓦式のチーム回診に始まり、毎日の昼食時のカンファレンス、2年目の研修医の先生からの朝の勉強会、その他多数の勉強会があり、とても充実している点です。教えてもらい、自分で深め、さらに後輩に伝えていく。そしてそこから新たに学ぶ。この流れがあることはかなりの強みだと思います。諏訪中央病院を一言で表すなら、「あたたかい病院」です。患者さんはもちろん、職員同士や後輩に対しても心のこもった対応をしてくれます。私たちとともに「あたたかい医療」を目標に充実した研修をしてみませんか。


お問い合わせ先

医学生、研修医、専攻医のみなさまの
お問い合わせ

修了者のみなさまのお問い合わせ

  • ↑バナーをクリックしてメッセージをお寄せください。
  • kensyu@suwachuo.jp
  • 担当 臨床研修・研究センター:研修事務担当

〒391-8503 長野県茅野市玉川4300番地  0266-72-1000(代表)  FAX.0266-72-4120

このページの先頭へ