外科

外科とは…

外科チームは濵口院長以下総勢7名です。各医師がそれぞれの専門性を活かしつつ横の連係を大事に患者さんに向き合っています。血管外科は山田医師、乳腺は貝塚医師、肝胆道・肛門外科は小林、大腸は藤田医師がそれぞれ責任者として担っています。


主にどのような方を診ていますか?

  • 消化器癌(胃がん、大腸癌、肝癌、胆道癌、膵癌)、乳癌
  • 急性腹症(胆嚢炎、虫垂炎、腸閉塞、消化管穿孔)
  • 下肢静脈瘤
  • 鼠径ヘルニア
  • 肛門疾患(痔核、裂肛、痔瘻)

どのような特徴がありますか?

  • 充実した消化器内科、抗がん剤治療を専門とした化学療法部、緩和チームに在宅診療部も充実しています。
  • 各専門の先生方が垣根低く頻回に検討会が開かれています。外科チームはその中で癌外科治療を担っています。
  • 緊急手術が必要時には夜間、休日でも麻酔科、手術室スタッフの協力のもと24時間体制で対応可能です。

主な活動・取り組み

・地域のがん患者さんにガイドラインに沿った標準的外科治療を提供する
・より安全、より確実な手術を実行する
・患者さんにやさしい低侵襲手術を行う(腹腔鏡大腸切除、腹腔鏡肝切除、高周波下肢静脈瘤手術など)
・外科チーム一丸となって全員で一人ひとりの患者さんを診させていただく
・各医師の専門性を高めるべく積極的に学会活動し最新の医療を身につける

このページの先頭へ