リハビリテーション科


主に扱っている業務内容

  • 肺炎などの急性呼吸器疾患
  • 脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血等の脳血管疾患による運動障害・高次脳機能障害
  • 脳血管疾患等による摂食嚥下障害
  • 股関節大腿近位骨折等の下肢の骨折
  • 廃用症候群
  • TKA・THA等の関節手術後
  • 心不全の急性増悪
  • 脊椎疾患及びその術後
  • 胸椎・腰椎圧迫骨折
  • 橈骨遠位端骨折等の前腕の骨折や手指の骨折
  • COPD等の慢性呼吸器疾患急性増悪
  • 乳房の悪性腫瘍手術後
  • 急性心筋梗塞
  • 肩腱板断裂及びその術後
  • ACL等の靭帯再建術後
  • 手指腱断裂等の手指の外傷
  • 上腕骨外科頚骨折等の上肢の骨折
  • 胸腹部外科手術後の呼吸不全
  • 脊髄小脳変性症等の変性疾患
  • 脊髄損傷

その他特徴・メッセージ

急性期から回復期を中心に、様々な診療科の多種な疾患や病態に対応するよう、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を配置しています。急性期では、リスク管理を行いながら離床を促し身体機能の改善を目指しています。回復期では、運動機能・精神機能の回復促進のみならず、退院後の日常生活を意識し生活に即した動作練習、在宅環境の評価を積極的に行っています。患者さんのニーズに応えることを重視しており、様々な要望に対応できるよう努力しています。また、訪問リハビリテーションの実施や、療養型病棟、緩和ケア病棟においても医療保険や介護保険の範囲で対応することができます(個々の適用についてはご相談下さい)


関連情報

採用に関して

各種募集要項はこちらをご覧ください。

このページの先頭へ