フロア案内

4F すこやかフロアー

4階北病棟

4階北病棟の紹介

4階北病棟は、一般外科・脳神経外科・泌尿器科・歯科口腔外科・耳鼻科・消化器内科など、多くの科、様々な疾患の患者さんが入院する急性期病棟です。手術を受けられる患者さんや比較的短期間の入院患者さんが多い病棟になります。

患者さんにとってのメリット

若いスタッフが多く、明るい笑顔と元気に溢れています。患者さんや家族の方のためにできることは何か、言葉に耳を傾け、常に寄り添い、安心して治療や看護を受けていただけるように、日々研鑽しています。

患者さんとの時間を大切に

急性期病棟ですので、検査、手術、緊急入院等で慌ただしい一面もありますが、患者さんとの時間を大切に看護にあたるよう心がけています。

師長 山本敏哉

4階北病棟


4階南病棟

4階南病棟の紹介

内科病棟として主に、呼吸器系、脳血管系、消化器系、皮膚科系疾患で、高齢者が多い病棟です。化学療法の方も多く利用され、糖尿病教室も開催しています。

患者さんにとってのメリット

透析導入に至らないよう糖尿病教室にて、多職種で介入し、長年の生活習慣をひとつでも見直し、実施につながるよう粘り強くかかわっています。

患者さんや、ご家族の不安を和らげる看護を提供

初回の化学療法の患者さんや、内科全般の重篤な状態の患者さんが数多く来られます。
患者さん、ご家族の不安を少しでも和らげるよう、寄り添った看護を提供できるよう皆で日々取り組んでいます。

師長 村越里枝子

4階南病棟


4階東病棟(回復期リハビリテーション病棟)

4階東病棟の紹介

急性期の治療が終了し、職場復帰、在宅復帰(在宅復帰率88.8%(平成26年度))、車の運転を目指しリハビリを行う病棟です。脳血管疾患の患者さんや大たい骨頚部骨折の患者さんが入院されており、日々リハビリに励んでいます。

患者さんにとってのメリット

在宅復帰、車の運転再開。
強みはチームアプローチです。セラピストたちがいつもそばにいるので実践しやすいです。退院前家屋訪問に加え、今年度は早期家屋訪問に取り組んでいます。ご家族の思いや不安、介護に対する気持ちを聞いたり、実際の家の状況を見せてもらい早期より在宅に近づけたリハビリを取り入れています。

極上の笑顔と真心で看護します

入院している患者さん、その家族、そしてケアするスタッフがみんな幸せに暮らせるための努力は欠かしません。
極上の笑顔と真心で看護するのが我々のモットーです。

師長 北澤恵美子

回復期リハビリテーション病棟・4階東病棟


4階西病棟(療養型病棟)

4階西病棟の紹介

医療療養病棟は、急性期医療の治療を終えても、引き続き医療提供の必要度が高く、病院での療養が継続的に必要な患者さんを対象に、多職種で医療・看護・介護・リハビリに取り組んでいます。また、病院で最期を看取りたい方への援助も行っています。

患者さんにとってのメリット

障害を持つ高齢者の方が、在宅での生活を継続できるよう、多職種参加のカンファレンス、認知症ケアの質の向上、季節ごとのレクリエーション活動など、日常生活の活性化を図りながら、温かくサポートしています。また、日々介護するご家族の疲れを癒し、安心して患者さんを預けていただけるよう、ひとりひとりとの関わりを大切にし、スタッフみんなで頑張っています。

心と体の元気を支えてゆく

患者さん家族の心の元気、体の元気を支えていけるよう、フィッシュ哲学を取り入れながら明るく元気な病棟を目指しています。また、認知症看護や5S活動を取り入れ、患者さんに寄り添った安心安全な療養環境を提供しています。

師長 伊藤日出子

4階西病棟


このページの先頭へ