消化器内科

消化器内科とは…

消化器科は食道、胃、十二指腸、大腸などの消化管と肝臓、胆嚢、膵臓を中心とした実質臓器の診断と治療を行っております。
診断を目的とした上、下部内視鏡検査はもとより早期癌に対する内視鏡的治療、消化管出血や胆道感染症に対する緊急処置、慢性肝炎に対する経口抗ウイルス療法、肝癌に対する塞栓術、ラジオ波治療等に取り組んでおります。


主にどのような方を診ていますか?

  • 消化管;胃十二指腸潰瘍、食道炎、胃癌、大腸癌など
  • 胆、膵;胆石、胆嚢炎、胆管炎、膵臓炎、胆嚢胆管癌、膵臓癌など
  • 肝臓;ウイルス性肝炎、肝硬変、肝臓癌など

どのような特徴がありますか?

  • 内視鏡、エコー、CT、MRI検査などの最新、高度な診断機器を駆使し無駄なくスピーディーに診断を行います。
  • 外科、化学療法部、緩和チーム等と密接な連携をとりながら迅速確実な治療を心がけております。

主な活動・取り組み

年齢や基礎疾患の有無にかかわらず個々の患者さんの体力、生活状況、意向等を総合的に評価して患者さんのためになる質の高い診断・治療を心がけております。

このページの先頭へ