腎臓・糖尿病内科

腎臓・糖尿病内科とは…

腎臓にかかわる疾患を、初期から透析まで、トータルで診療します。
血糖値コントロールを通じて、健康な人と変わらない日常生活の質の維持を行います。


主にどのような方を診ていますか?

  • 尿検査で異常を指摘された方
  • 腎機能の異常を指摘された方
  • 血糖値の異常を指摘された方
  • 腎臓病や糖尿病の治療を受けている方
  • 腎臓病や糖尿病に伴う合併症で検査や治療が必要な方

どのような特徴がありますか?

  • 食事療法、運動療法を含めた総合的な治療を目的とした糖尿病教育入院を行っています
  • 24時間血糖をモニタリングできる機器を使用して、血糖値の詳細な日内変動を調べることができます
  • 腎生検は信州大学医学部 病理組織学教室に診断を依頼しています
  • ほのぼの透析クリニックと合わせると、一つの医療機関が保有する血液透析装置の数は、県下でも有数の規模です
  • 通常の血液透析だけでなく、疾患に応じて特殊な血液浄化療法も行っています

主な活動・取り組み

専門科としての矜持をもって診療をしています。尿検査異常を言われたとき、腎臓が悪いと言われたとき、高血糖や低血糖でお困りのとき、食事療法がうまくいかないとき、薬物療法が難渋するとき、合併症の精査・加療が必要なときなど、いつでもご相談ください。
腎臓病も糖尿病もまだ全容の解明には程遠いです。それでも、現在ある治療での最善のものを提供することを心がけつつ、「書かれた医学は過去のものである。目の前に悩む患者の中に明日の医学の教科書の中身がある(1963年 冲中重雄先生最終講演より)」を胸に、日々の診療を行っています。

このページの先頭へ